《樹徳で出る公民》「あやふや」「知らない」「忘れた」をなくせ【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

マイセルフ前橋片貝校

校長の喜田慎吾です。

 

小4~高2 冬期講習

マイセルフ前橋片貝校の

冬期講習

をご案内致します。

 

各学年の冬期講習

詳細はコチラから↓↓

高2冬期講習 残席5

高1冬期講習 残席3

中3冬期講習 残席 4  3

中2冬期講習 残席4

中1冬期講習 残席8

小6冬期講習 残席8

小4・5冬期講習 残席8

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

今日は

 

樹徳の社会

 

を見ています。

 

 

この時間は

 

公民

 

について見ていきます。

 

 

 

樹徳の公民の

 

出題傾向ですが、

 

平成29年は

 

選挙・国会

 

企業・労働

 

金融・景気

 

平成28年は

 

基本的人権

 

参政権

 

裁判所

 

経済分野

 

が出題されています。

 

 

 

まずは政治分野です。

 

平成29年は

 

大問8では

 

日本の選挙制度の説明

 

国会の仕事の説明

 

衆議院の優越の説明

 

衆議院と参議院の違い

 

についての問題が出題されました。

 

 

 

平成28年は

 

大問8は基本的人権です。

 

「人間は生まれながらにして

生命・自由などの人権を持っている」

という考えを主張した人物

 

平等権の内容

 

自由権の内容

 

社会権の内容

 

新しい人権の内容

 

を問う問題が出題されました。

 

 

大問9は

 

選挙権と参政権ですね。

 

選挙制度の説明の穴埋め

 

参政権の内容

 

が問われています。

 

 

大問10は

 

司法ですね。

 

裁判の方法や種類の用語問題

 

裁判所の説明

 

裁判員制度の説明

 

の問題が出題されました。

 

 

 

次に経済分野です。

 

平成29年は

 

大問9では

 

労働基準法の説明

 

企業の社会的責任

 

近年の雇用を巡る問題

 

企業の独占

 

大問10では

 

金融機関に当てはまらないものを選ぶ

 

日本銀行の役割

 

金融・景気の用語

 

の問題が出題されています。

 

 

平成28年は

 

大問11で

 

経済分野の総合問題

 

が出題されました。

 

社会保障制度の説明

 

税金収入の説明

 

社会資本の種類

 

四大公害

 

政府や企業の環境保護の動きの説明

 

でした。

 

 

政治分野も経済分野も

 

正誤問題がとにかく多い!

 

 

 

知識を説明できるくらい

 

理解しておく必要があります。

 

=”color:#000000;”>過去問を解く中で

 

知らない知識

 

忘れてしまった知識

 

あやふやな知識

 

が見えてくると思います。

 

それを明確にすれば

 

覚えるだけです!

 

しっかりやり直しをしましょうね(o^-‘)b

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マイセルフには確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾

マイセルフ前橋片貝校

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから

マイセルフ前橋片貝校HP

Facebookはコチラから

マイセルフ前橋片貝校FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です