『書きなさい』問題の難しさは“内容”と“量”【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

マイセルフ前橋片貝校 教室長の喜田慎吾です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



テストで目標点を取るためには


正しい勉強法が必要です。




期末テストが終わると、夏休み。


中3にとっては入試に向けての


本格的な勉強が始まります。




そこで、今月は


入試に向けての勉強方法やマインド、


入試への準備について


お話ししていきます。




金曜日のテーマは

「入試の国語」です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



群馬入試の国語は


論説文・小説・古文・漢文・知識・作文


とあるのですが、


その中で、記述問題が出題されます。




例えば


論説文なら要旨要約


主張

小説なら心情把握の記述


心情



で、問題形式が


『書き抜きなさい』は少なく、


『書きなさい』が多い


のです。




『書きなさい』の問題は


考えて書くので難しいと言われます。


では、何が難しいのでしょう?




「あちこちから言葉を探さなきゃいけない」


「どこまで書けばいいか分からない」


「答えが1個じゃない」




うんうん、確かにそうだね


そうすると難しく感じるかな。




では、


「どこまで書けばいいか」


についてお話しします。


書く



これは、どの教科の記述でも言えることです。


ずばり、


解答スペースの大きさに


合わせて書く


です。


大きさ



「えっ?長く書いた方がイイんじゃないの?」


解答欄が大きかったらねp(^-^)q




漢字や記号など1行で答えられる問題と


解答スペースの幅を比較するんです。


同じくらいなら求められている解答は


1行で書ける量


ということになります。




2倍なら2行


3倍なら3行


といったところでしょうか。




縦にも注目してみましょう。


1行まるまるスペースがあるのに


半分しか書かないというのは


求めている解答より少ない


ということになります。




スペースが広ければ


詳しく書く。


詳しく



スペースが狭ければ


ポイントだけを書く。


ターゲット



これが分かれば、


『書きなさい』問題の悩みは一つ減りますよ(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


マイセルフには確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


マイセルフ前橋片貝校<
/p>

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→マイセルフ前橋片貝校HP

Facebookはコチラから→マイセルフ前橋片貝校FBP


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です