国語の記述問題が○○型記述に変わってきています!【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

マイセルフ前橋片貝校 校長の喜田慎吾です。

 

『不合格にならない高校入試』

という冊子を作成しました。

 

内容は

1. はじめに

2. 24分間の天国と地獄

3. 不合格の共通点

4. 公立高校に不合格にならないための合格必勝法とは

 

こちらの冊子のプレゼント実施中です♪

 

プレゼントをご希望の方は、下記のフォームに必要事項の記入をお願い致します。(PCから)

 ↓

『不合格にならない高校入試』

 

群馬県 公立高校進学説明会

『志望校合格へのストーリーPart2』

を実施します。

 

詳細はコチラ

『志望校合格へのストーリーPart2』

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

マイセルフでは6月に

 

入試ガイダンス

 

志望校合格へのSTORY Part1

 

を行いました。

 

 

そこでは、

 

教科の分析や受験マインドについて

 

お話ししました。

 

 

 

ブログを読んで下さる皆さんに

 

その内容についてお話しします。

 

 

 

情報を持っているだけで行動しないのでは

 

あまり効果はありませんが、

 

持っていないと判断が甘くなります。

 

 

 

ぜひ、読んでみて下さいね。

 

今日は『国語の分析』です。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

群馬県公立高校後期選抜試験の分析。

 

今日は国語の分析です。

 

 

これは今年の3月に実施された

 

国語の試験の解答用紙です。

 

 

 

見て何に気付きますか??

 

 

 

そう、やっぱり

 

記述問題が多い!

 

ということなんです。

 

 

上の、赤で塗りつぶされた部分が

 

全て記述問題となります。

 

 

 

強調したいのは、

 

=”color:#000000;”>高校入試は

 

「いかに記述を早く、正確に書けるか」

 

が大事なんだということ。

 

 

では、どんな問題が出たのか?

 

論説、小説、古文、漢文、漢字

 

などが出題されます。

 

 

 

この形式はずっと変わっていないので、

 

まずこの通りであると思ってOKでしょう。

 

 

 

赤で塗りつぶした部分が一番大きい

 

大問1の最後の問題はこんな問題です。

 

 

この問題は平成25年度までは

 

要旨・要約の問題でしたが、

 

平成27年度より大問6の作文がなくなった分、

 

作文に近い記述問題

 

になりました。

 

 

 

しかもただ文章を書くのではなく、

 

条件が提示されている。

 

 

ここ3年のポイントは

 

「自分の経験と結び付ける」という事。

 

 

 

では、大問1の最後の問題を正解するために

 

「必要な力」とはなんでしょう?

 

 

それは、また次回お話しします(。´・∀・)ノ゙ バィバィ~

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マイセルフには確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 マイセルフ前橋片貝校

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→マイセルフ前橋片貝校HP

Facebookはコチラから→マイセルフ前橋片貝校FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です