英語攻略のカギは○○力+△△力【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

マイセルフ前橋片貝校 校長の喜田慎吾です。

 

『不合格にならない高校入試』

という冊子を作成しました。

 

内容は

1. はじめに

2. 24分間の天国と地獄

3. 不合格の共通点

4. 公立高校に不合格にならないための合格必勝法とは

 

こちらの冊子のプレゼント実施中です♪

 

プレゼントをご希望の方は、下記のフォームに必要事項の記入をお願い致します。(PCから)

 ↓

『不合格にならない高校入試』

 

群馬県 公立高校進学説明会

『志望校合格へのストーリーPart2』

を実施します。

 

詳細はコチラ

『志望校合格へのストーリーPart2』

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

マイセルフでは6月に

 

入試ガイダンス

 

志望校合格へのSTORY Part1

 

を行いました。

 

 

そこでは、

 

教科の分析や受験マインドについて

 

お話ししました。

 

 

 

ブログを読んで下さる皆さんに

 

その内容についてお話しします。

 

 

 

情報を持っているだけで行動しないのでは

 

あまり効果はありませんが、

 

持っていないと判断が甘くなります。

 

 

 

ぜひ、読んでみて下さいね。

 

今日は『英語の分析』です。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

群馬入試英語の出題傾向のお話しです。

 

まずはコチラをご覧ください。

 

 

上の写真が、今年の3月の入試問題の解答用紙です。

 

傾向がどうなっているかと言うと

 

次の写真をご覧ください。

 

 

となっています。

 

やっかいなのは、

 

リスニングの問題が4問あって、ここは

 

自分で時間のコントロールが出来ない

 

=”font-size:1em;”>ということです。

 

 

 

どうしても、12分間は

 

放送による聴き取りテストに

 

時間を割かれてしまうわけです。

 

 

 

従って、英語は

 

速読力が必要です。

 

 

入試英語は自分自身で管理できる時間が

 

35分しかありません。

 

 

 

リスニング問題は全員15分間やることになっています。

 

長文も337語とそれなりに長いですし、

 

最後に英作文をしっかり考えて解くには、

 

英語を読んで英語のままイメージ、理解する力、

 

つまり

 

英語の反射能力が必要です。

 

 

 

ということで、速読、という力が必要なのです。

 

 

 

また、記述という観点でも、

 

リスニングの3番・4番は英語で聞かれて

 

英語で答えるものもありますし、

 

長文読解は記述の配点が高くなっています。

 

 

 

やはり速読・記述の力が必要ですね。

 

 

次回英語は、長文読解問題の対策についてお話しします。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マイセルフには確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 マイセルフ前橋片貝校

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→マイセルフ前橋片貝校HP

Facebookはコチラから→マイセルフ前橋片貝校FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です