面談では何をやるの?

こんにちは


“超集中空間プロデューサー” 

マイセルフ前橋片貝校 教室長の喜田慎吾です。


マイセルフ前橋片貝校では

体験授業を受け付けています!


1日や2日の体験で塾を理解するのは難しいですよね。

マイセルフの体験は

中学生が1ヶ月最大12日間、

小学生が1ヶ月最大8日間

教材費1,260円のみで体験授業に参加できます。


お子様も保護者様も私たちも、皆が

「マイセルフでやっていく!」

と思わないと、いい結果は出ないと考えています。


ですので、もし体験授業を受けてから

「合わなかった」等の理由でお断りいただくのに、

何の遠慮もいりません。


ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。


各学年残席がわずかになっています。

塾をお考えの方はお早めにお問い合わせ下さい


【限定】

新中3:2席、新中2:4席、新中1:5席


マイセルフ前橋片貝校では


面談と入試ガイダンスの準備を行っています。


「進路面談を受けたい」


「入試ガイダンスに参加したい!」


という方はご連絡くださいね(^∇^)




さて、前回は「面談は何でやるの?」についてお話ししました。


今日は、実際に私がやった面談のお話をしますね。




その生徒は、


行きたい高校は空欄で出してきた


勉強はしようと思うが続かない


不安が勝ってしまい、勉強しなくなってしまう


口癖は「どうせオレなんか…」




う~ん、かなり自信を無くしている状況ですね(。>0<。)




こんな状況のときに、いきなり


「なんで勉強しないの?」


なんて言っても生徒の心には何も響きませんよね。




彼の本心を聞くことからスタートです。




焦らないことに注意をしながら話しました。


「今、一生懸命やっていることは何?」


「何をしている時にやる気が出る?」


「将来でも、高校入ってからでもやりたいことってある?」


などなど、言葉にしてみてもらうんですね。




そうしたら


「サッカーがやりたい」




出てきましたよ、高校でやりたいことがγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




「じゃあ、強い所がいいの?」


「いや、○○高校のサッカー部がいい」




今度は志望校になる言葉が出てきました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



誰もが成績は上げられる!マイセルフ前橋片貝校 教室長ブログ-はずかしい


どうやら、


「今の成績ではとても無理だから」


という理由で言えなかったみたいなんです。




皆あるんですよね、夢とか目標って。


言えないだけ、言う場がないだけ


何となくでもいいんですよ、この時期なら


目標を持たずに勉強するのと


目標を持って勉強するのでは


明らかに違う結果が出てきますよね




今の成績では行けない




でも、試験は今じゃないんですよ




本当に行きたいなら、


「いつまでに」

「何を」

「どれ位」

「どのように」

「どの時間で」


やるかを決めていき、実行すればいいのです。


それを生徒本人に決めてもらうんです。




面談では、必ず本人の言葉が必要です。


なぜかって?


言葉にすることで覚悟が決まっていくからです。




r=”#ff0000″ size=”3″>面談は何かを教え込んだり、押し付ける場ではなく、


覚悟を決めてスタートを切る場と意識しています(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


マイセルフには確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

マイセルフ前橋片貝校

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です