秋の中3入試対策講座

3 入試対策講座

2学期に入り、部活も終わり、いよいよ高校入試に向けての本気の勉強が始まりましたね。これからの勉強は〝合格するために必要な勉強〟を中心にすることが重要です。模試や実力テストで弱点が見えているのであれば、弱点補強が急務ですね。ただ、公立入試には模試や実力テストでは測れない点数も隠れています。そこで、あなたが志望校に合格するための3つの講座を用意しました。

≪理社 記述特訓ゼミ≫

≪社会入試実践ゼミ≫

≪数学関数特講≫

あなたの志望校合格に必要な講座を選択し、

合格をグッと引き寄せましょう!

≪理社記述特訓ゼミ≫

理社 記述特訓ゼミとは

この理社記述特訓ゼミは、

土曜日を中心に開講していく

全16回の理科・社会の集中講座です。


 

 

 

 

 

群馬県の公立入試は

記述問題が数多く出題されます。

その数は日本一と言っても過言ではありません。

 

また、記述問題は

通常行われている模試では出題されず

偏差値にも表わすことが不可能です。

(模試の出題は採点基準が単純なので公立高校の試験とはレベルが異なります)

 

そのため記述問題を得意にすることが、

あなたの

公立高校逆転合格の最後の切り札

になります。

 

16回の集中講座を使って、

記述問題に対して自信を手に入れ、

第一志望校合格を手に入れよう!

記述を得意にして、

偏差値を飛び越えろ。


 

理社 記述特訓ゼミの内容

【理科授業内容】

・地学分野記述

入試で出題が予想される「地震」や中3最後の難関「天体」の単元を中心に地理分野の総仕上げを行います。記述するために必要な図を自分の力で考え見つけ、言葉にする練習を繰り返していきます。間違えやすい語句を正確に使えるレベルまで引き上げよう!

 

・化学分野記述

理科記述で出題率NO.1の分野を徹底的にトレーニングして得点源に仕上げます。化学分野は「理由」を聞かれる記述がよく出題されます。「なんで??」を大切にしていままでなんとなく書いていた解答を理解して書くことがテーマです。自己採点では出来ない判定をしていきます。

 

・物理分野記述

物理分野の記述はとっても重要な得点源。言い換えると合格には絶対必要なアイテムです。群馬県の入試問題で出題された傾向をもとに全国で出題された問題を解いていきます。計算がちょっと不安という受験生は記述分野で逆転を狙おう!これが「偏差値を飛び越える」ということです。

 

・生物分野記述

中1植物、中2動物、中3遺伝の3テーマをバランスよく練習します。新指導要領からの出題が増えました。生物範囲では「遺伝」がターゲットです。あいまいな知識を記述することで確かめ確実に使える知識に総まとめしていきます。

 

【社会授業内容】

・地理分野記述

社会の入試記述で一番差がつくのが地理記述。「なんとなく」書けてしまう地理記述を「合格答案」レベルまで引き上げていきます。全国で出題された入試問題の良問を解いて合格には「何を・どう書けばいいのか」を授業して行きます。考える力、資料を読み取る力をつけます。

 

・歴史分野記述

歴史の記述問題は「暗記記述」と「理由目的説明記述」が多く出題されます。暗記記述は得点しやすい問題で逆転合格に必要不可欠なアイテムです。また理由目的記述を練習することで、なんで??どうして??「本質」をつかみバラバラな知識をまとめていきます。

 

・公民分野記述

受験生のキミが一番練習しにくいのが公民の記述問題。学校の定期テストレベルではなく入試レベルの問題を使って公民の知識を総まとめして行きます。語句が難しいのが公民分野の一番の特徴。「知っている」語句を「使える」語句に変えて逆転合格を目指そう!!

 

・資料・分析記述

グラフが言おうとしていることは何なのか、統計資料は何に注目すればいいのか、注目すべき所を見抜く視点と、過不足なく答えられる記述力を身につけます。各分野の知識をフル活用し、社会を一気に得点源にします。

 

理社 記述特訓ゼミ 受講案内

【受講料】

① 理科・社会 記述パック(全16講座)30,000円+税

② 社会記述(8講座)16,000円+税

③ 理科記述(8講座)16,000円+税

テキスト代金 理科 1,000円+税、社会 1,000円+税

 

※消費税について

お支払いは、9月中にお申込みいただいた方は、すぐにご明細をお出しします。その場合、消費税は8%となります。10月に入ってからお申込みいただいた方は、消費税は10%となります。

 

【定員】

先着4名

 

【授業スケジュール】

① 10/19(土) 9:30~12:20 社会 歴史①
② 10/26(土) 9:30~12:20 理科 生物①
③ 10/28(月) 9:30~12:20 社会 歴史②
④ 11/30(土) 9:30~12:20 理科 物理①
⑤ 12/7(土) 9:30~12:20 社会 地理①
⑥ 12/14(土) 9:30~12:20 理科 化学①
⑦ 12/21(土) 9:30~12:20 社会 地理②
⑧ 12/23(月) 9:30~12:20 理科 地学①
⑨ 1/18(土) 9:30~12:20 社会 資料①
⑩ 1/25(土) 9:30~12:20 理科 物理②
⑪ 2/8(土) 9:30~12:20 社会 資料②
⑫ 2/15(土) 9:30~12:20 理科 生物②
⑬ 2/16(日) 9:30~12:20 社会 公民①
⑭ 2/22(土) 9:30~12:20 理科 化学②
⑮ 2/23(日) 9:30~12:20 社会 公民②
⑯ 2/29(土) 9:30~12:20 理科 地学②

※①は中1・2内容、②は中3内容を行う予定です。

 

【その他】

・宿題が必ず出ます。宿題を自力でやってきた生徒のみ成績が大幅に上がっています。

・ノートは理科と社会で1冊ずつご用意ください。

 

【お問い合わせ】

下記フリーダイヤルまでお電話にてお問合せください。

慎塾前橋片貝校

0120-555-939

 

メールでのお問い合わせはコチラから↓

慎塾前橋片貝校HPお問い合わせフォーム

 

≪社会入試実践ゼミ≫

社会入試実践ゼミとは

この土曜特訓『社会入試実践ゼミ』は

指定した土曜日に開講していく特別講座です。

「社会を得点源にしたいが、
忘れていることが多くて進められない」

「もう一度コンパクトに授業を受けたい」

「得意だけど確実にしたい」

「ニガテなので克服したい」

という受験生の声に応えるために、

1人1人が自分に必要な単元のみ受講する

オーダーメイド・カリキュラムを作成し、

映像授業と慎塾独自の自立学習を組み合わせます。


 

 

 

 

秋は自分の弱点分野を克服できる最後のチャンスです。

全15講座の中からキミに最適な授業を組み立て、

秋からでも十分得点アップが望める

特別カリキュラムを作成します。

 

社会入試実践ゼミの流れ

10分 ホームルーム

70分×2 社会入試実践ゼミ
@will映像授業を使い、第1志望校合格に必要なオリジナルカリキュラムで実力をつけます。ホワイトボードに映像授業を映す形での授業です。(約60分)しっかりメモを取りながら、授業を受け、受講後は確認テストを実施します。映像授業を受けていない生徒は、空いている時間を使って、70分 社会入試実践ゼミで勉強した内容の解き直しや、補強ができます。

60分 自立学習
自立学習による社会入試実践ゼミの補強をします。確認テストの理解度により、ミラクルロード・マイクリアといったテキストを使って類題演習を行い、社会を勝つ教科にします。

10分 ホームルーム
今日できるようになった所は、それで終わりではなく、もっと強化し、入試レベルの力にする必要があります。そのためには、すぐにやり直しや、ミラクルロードでの大量演習が必要です。ホームルームで今日の振り返り+日曜日にやるべきことを決めます。月曜日にチェックをし、質問に答えていきます。

 

社会入試実践ゼミ 受講案内

【受講料】

① 10~15講座 22,500円+税

② 6~10講座  17,500円+税

③ 1~5講座 10,000円+税

※消費税について

お支払いは、9月中にお申込みいただいた方は、すぐにご明細をお出しします。その場合、消費税は8%となります。10月に入ってからお申込みいただいた方は、消費税は10%となります。

 

【定員】

先着4名

 

【授業スケジュール】

10/19(土)
13:10~14:20 1 土地制度史
14:30~15:40 2 外交史
15:50~16:50 演習時間

10/26(土)
13:10~14:20 3 江戸政治史
14:30~15:40 4 近代日本史
15:50~16:50 演習時間

11/2(土)または11/16(土)
13:10~14:20 5 戦争史①
15:20~16:20 演習時間

11/30(土)
13:10~14:20 6 戦争史②
14:30~15:40 7 日本の戦後史
15:50~16:50 演習時間

12/7(土)
13:10~14:20 8 世界の戦後史
14:30~15:40 9 文化史
15:50~16:50 演習時間

12/14(土)
13:10~14:20 10 気候・人々のくらし
14:30~15:40 11 日本の農林水産業
15:50~16:50 演習時間

12/21(土)
13:10~14:20 12 日本の工業
14:30~15:40 13 世界の工業
15:50~16:50 演習時間

12/23(月)
13:10~14:20 14 世界の鉱工業・貿易
14:30~15:40 15 地図と時差
16:40~17:40 演習時間

 

【お問い合わせ】

下記フリーダイヤルまでお電話にてお問合せください。

慎塾前橋片貝校

0120-555-939

 

メールでのお問い合わせはコチラから↓

慎塾前橋片貝校HPお問い合わせフォーム

 

≪数学関数特講≫

数学関数特講とは

群馬県の公立高校後期選抜の数学の平均点は

2019年は44.5点、2018年は45.7点

と難易度が高いのが特徴です。

「数学がニガテな生徒は取れない!」
「得意な生徒も取れない!」

なんて言われてきました。

 

でも、でもです!

もし、その難易度の高い数学で高得点を取れたら、あなたは同じ志望校を受けるライバルに大きな差をつけることができますよね。模試の結果を見て、「このままではヤバイ!」と危機感を持っている人は多いと思います。

〝今は〟数学で思うように点が取れていないけど、
〝入試では〟数学で目標点を必ず取る!

という強い気持ちを持ったあなたのための講座を作りました。

 

後期選抜の数学で特に配点が高いのは図形問題と関数です!

2019年入試の
大問5 の関数は17点!
大問4 の図形は9点!
大問6 の図形は18点!

2018年入試
大問4 の関数は16点!
大問6 の図形は18点!

その中で、
コツをつかんだら一気にできるようになるのが関数です。

 

関数を4タイプに分け、大量演習します!

タイプⅠ グラフ・グラフと図形

私立高校も関数は出ますが、出題傾向を見ると、よく出るタイプの問題はグラフの問題とグラフと図形の混ざった問題です。
例えば、2次関数と1次関数の融合問題で、「線分の比を求める」「できた図形の面積の比を求める問題」「面積比から座標を求める問題」「座標を文字で置く問題」など出題パターンはとても広いですね。

公立高校ではあまり出ないタイプの問題ですが、ココで、『グラフを使いこなす』練習をしましょう。問題を解くためのアプローチ方法や作業を自然にできるくらい練習すれば、関数的思考が身に付きます!
関数の命はグラフです!

 

タイプⅡ 水槽・ダイヤグラム

水槽問題とは、水槽に水を入れたり、排水したりしたときの水の体積や、水の高さなどを求める問題です。
ダイヤグラムとは、電車やバスなどの乗り物や人の動きを関数にしたもので、「何時に出会いますか?」「どこで出会いますか」といったことを聞かれる問題です。方程式で考える人もいますが、グラフで考えることができると、信じられないほど簡単に解けてしまいます。関数をただの数学の単元と思ってはいけません。具体的な事象と今まで学んだ関数をつなぎ合わせ、活用する力をつけることが必要です。

 

タイプⅢ 動点

群馬県公立高校が大好きなのが動点問題です。 動点の出題形式は2つ。
1つ目は「点が動く問題」
「点Pが図形上を動き、その時できた三角形の面積を求めなさい。」「点Pが辺AB上にあるときの式と変域を答えなさい。」といった問題です。点が1つだけのときもありますが、複数の点が動く問題も出題されています。これをスラスラできるようになると群馬入試で大きな点を取ることができます。
2つ目は「図形が動く問題」
右の2019年の5のように「左の図形が右の長方形の方に動いたとき、重なった部分の面積を求めなさい。」という問題です。場合分けさえできれば楽勝に解けます。

そのコツをこの授業で伝えます!
アプローチの仕方が分かれば、大問を5分で解けるようになりますよ^^

 

タイプⅣ 新傾向・説明問題

群馬入試は具体的事象を用いた関数の問題や考えた過程を書く問題も出題されています。今まで見たことのないタイプの問題が出たときに、あなたが今までやってきた経験がものを言います。
「説明問題が出たときに、どのように説明すると相手に伝わりやすいか」「分からなかった時に、まず何から手を付けてみるといいのか」
さまざまな入試問題を使いながら、今まで見たことの内容な問題にチャレンジし、新傾向の問題にも自信を持って取り組めるようになります。

 

数学関数特講の授業の流れ

1st step 基本問題大量演習
基本問題を使って、問題へのアプローチの方法を学びます。ここで、根本理解をします!問題のレベルを上げるためには基本問題は何も考えなくても出来るくらいやり込むことが必要です。基本問題の類題演習をします。

2nd step 模試レベル問題大量演習
基本問題をクリアしたら、次は模試レベル。ここからは「じっくり考えること」「条件を書き出してみること」「図を自分なりに書き直してみること」などの作業が、基本問題よりももっと必要になってきます。

3rd step 群馬入試レベル問題大量演習
実際の入試問題を解きます。入試レベルの問題をしっかり考え、答えを導き出せるようになれば、難易度の低い問題は作業のようにできるようになります。ここでの取り組みが入試本番で考えて解く力になります。

4th step 月1HW
終わらなかった問題・出来なかった問題は、次の週までにやり切って、提出。答えだけしか書いていない場合は受け取りません。
考えた過程を講師に分からせるつもりで書きましょう。添削してお返しします。

 

数学関数特講 受講案内

【受講料】

数学関数特講(全6回)24,000円+税

※消費税について

お支払いは、9月中にお申込みいただいた方は、すぐにご明細をお出しします。その場合、消費税は8%となります。10月に入ってからお申込みいただいた方は、消費税は10%となります。

 

【定員】

先着4名

 

【参加資格】

① 点が2個分かったら、直線の式を求められる人
② 交点が求められる人
③ 〝入試では数学で目標点を必ず取る!〟という強い気持ちを持った人
以上の3点をすべて満たしている人。

※基本の基本はやりません。
式の求め方や交点の求め方グラフの書き方を
学びたい人はご遠慮ください。

 

【授業スケジュール】

10/28(月) 13:00~16:30 【私立対策】グラフ
11/29(金) 18:30~22:00 【私立対策】グラフと図形
12/15(土) 14:00~17:30 【公立対策】ダイヤグラム・水槽
1/7(火) 18:30~22:00 【公立対策】動点 Part1
2/9(日) 9:00~12:30 【公立対策】動点 Part2
3/1(日) 13:00~16:30 【公立対策】新傾向・説明問題

 

【お問い合わせ】

下記フリーダイヤルまでお電話にてお問合せください。

慎塾前橋片貝校

0120-555-939

 

メールでのお問い合わせはコチラから↓

慎塾前橋片貝校HPお問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です